下落相場も怖くない投資のルール

ルールの画像

どうも、MA---SANです。
スーパーファミコンミニにはまってる。
グラフィック酔いをする身としてはドット絵が大好きだ。
こどものころファミコンやり過ぎで目が悪くなり、親にファミコン隠されたり時間決められたりしてた。
自分の子もニンテンドースイッチをお友達ともしくはユーチューバー並みにネットでやりまくっている。
もちろん、メガネをかけている。
眼科の先生にゲームで悪くなったのか?と聞くと
「関係ない。遺伝だ。」
と言われた。

ごめんねって気持ちになる反面、ファミコンを隠されていた時の事が蘇る。
隠されなくても良かったんだね。
似なくてもいいところは似てしまう。
 
大人になってもゲームが好きなんだけど、ファミコンミニやスーファミミニって本体を買うとソフトがいっぱい入ってて、クリアする前に浮気しちゃうんだよね。
結果クリアできない。
 
全部途中やめになってるわ。

投資にルールが必要な理由

ゲームにも投資にもルールが必要だと思う。ぶれないやつね。
FX時代のデイトレでルール決めてたけど、守れたことなかったけどね。
エントリールール、利益確定ルール、損切りルール。あってないようなもんだ。


ルールと言えば毎月、【個別株かETFに投資する】ってくらいで売却時は決めていない。
手数料の観点から言えばお金を溜めて半年に一回投資とかでもいいと思う。
積立投資って毎月買うイメージがあるけど、毎日だろうが1年に一回だろうが、成果にはあまり影響しないみたい。
お金を貯めすぎて投資に回す場合、今買って大丈夫だろうかって躊躇するかもしれない。


大丈夫、変わんないから。

長期投資の魅力

FXのデイトレ時代と比べると今の米国株投資の長期投資は気分が楽で楽しい。
相場が下落しても、だからなに?って感じになった。
配当金が入るし、株価下がれば買い増しすればいい。
やはり余裕資金でするのが基本だ。
 
ただ迷うのが
  • どの銘柄を買おうか、ETFを買おうか
  • ETFをコツコツ買うか、貯めて好配当を買うか
 非常に悩ましい。
月に数万円しか投資できないのでVOO一本でもいいのかもしれない。
自分で決めて行動することが大切で、銀行に勧められたからとかはやめたほうがいい。

現在定まっているルールは

  • 月1で投資
  • 米国市場に投資
  • 個別米国株は高配当でブランド力・販売力のあるもの
  • ETF HDVないしVOO
ルールを多くすると何もできなくなるし、銘柄を多くするとゲームみたいに選べなくなる。
そう考えるとETFって楽だよね。


こどもにもいい方向で投資好きが遺伝してるといいな。
 


にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿