自己紹介【30代が米国株で資産を形成する。投資額もさらけ出す】

初めまして、MA---SANです。
現在35歳。
30代が月々数万円を積立てして資産作りに奮闘し、配当の入金記録を見てニヤニヤする米国株投資ブログです。
投資先は米国株の高配当銘柄とS&P500ETF。
20代前半から日本株を始め、FXに移り奮闘したが100万円を溶かしたため退場処分となり日本株に戻りました。
日本株では資金回復できた理由は、スイングトレード。
株で利益を出すにはホールドしなきゃだめだとマーケットから教わった。

2017年からは初めての【KO】を約32万円購入してから米国株投資に夢中になる。
投資対象は米国株の中でも
  1. 高配当株で誰でも知っている企業
  2. ETF(投資の神様がオススメするVOOと高配当株を集めたHDV
投資戦略は月数万円でETFを買いながら高配当株を積立投資


米国株の中でも高配当株かS&P500ETF(VOO)を毎月積立てし、資産を作っていくのみ。
株投資に限らず、不動産投資も視野に入れている30代は資産を作ることができるのか?

30代から始めた米国株投資とブログ



現在の資産額は約200万円。→投資額:ポートフォリオ

元金と毎月積立+高配当のお蔭で少しづつ増えている。

幼少期から持病持ちで、住宅ローンも抱える普通の人。

果たして順調に資産作り(ブログ作り)ができるのだろうか。



にほんブログ村

AT&TとVOOを購入/資産を買おう

資産を増やす。そうだ米国株買おう

どうも、MA---SANです。
タイトル通りにAT&Tを30.88ドルで35株、約12万円で買いました。

12万円ってお金は配当と財布の中の使わなかったお金と節約して貯めていたものだ。



なぜAT&Tだったのか?

P&Gを狙ってたんだけど価格が高くなってきたので手ごろで高配当なTにした。



JNJの時もそうだったけど価格が高いと株数が持てないから買い増す気になれなくなっちゃうんだよね。


8株持っててもう10株買い増す・・・18かぁ。それよりも株価が低いものたくさん買った方がいいなって。


たぶんインパクトの問題だと思う。


ちなみにTの配当利回りは6.73%驚異的・・・


 

コカ・コーラから4月の配当金GET

4月の米国株からの配当金
  • KO   36ドル
  • PM   30.73ドル
  • 合計   66.73ドル 110円計算で7340円
どうも、MA---SANです。
今月は高配当株の代名詞コカ・コーラとフィリップモリスから配当をいただきました。
コカ・コーラは今年に入って買い増したことで配当金が大幅UP。
うれしいですね。

4月の資産額

4月中に書く予定だった資産額を公開します。

先月の資産額はこんな感じ。
  • 外貨建評価額・・・20,164.66ドル
  • 円換算評価額・・・ 2,233,834
  • 日本株評価額・・・  867,990円
             ↓↓↓↓
  • 外貨建評価額・・・21,907.32ドル()
  • 円換算評価額・・・ 2,411,114円(
  • 日本株評価額・・・  827,440円(
米国資産は毎月積立とダウの上昇で増えている。
日本株はダメダメ。
イオンも大幅下落しちゃった。

令和に入ってから米中貿易戦争が再燃してダウが下落して日本株は急降下、日本株はリスクが高いって言われる所以だね。
それに日本株式市場のお金は外国マネーだから仕方ないよね。

不動産投資始めました

規模は小さいが不動産投資の門を叩く

令和の時代になり連休も終わり、体調がおかしい。
以前から300坪程の土地買わない?って話があり買うことにした。


この土地、太陽光発電をしようと思い許可は取ってた。
発電するには日当たりが良くなく予定発電量の50%~60%想定しかない難点があり考えてたんだよね。
 
土地を買うには固定資産税とか草刈なんかのランニングコストがかかるからちょっとした作戦を立ててみた。
作戦は
  • そのまま貸し出す
  • 太陽光用地として売りに出す
の2つで、急遽浮かんだのがそのまま貸しに出せないだろうかだった。
発電シミュレーションでは半分しか発電しないんだからローンするのはもったいなくて、月4万くらい家賃があれば上等な計算だ。

太陽光発電の業者に貸すかもしれないと報告して知人の不動産屋に以下の条件で客付のお願い。
 
  1. 家賃4万円
  2. 家賃保証無し
  3. 一応売りに出してるから早い者勝ちね
3週間も経たないうちにすぐ決まったよ。
不動産はタイミングだね。

契約終わると銀行に行き土地代金を下ろす。
銀行員に金額が大きいけど何に使うの?とか聞かれたりしながら現金輸送し土地代金を支払う。
利回り20%くらいの投資物件になった。
不動産投資はマンションが浮かぶけど更地投資も面白いかもね。
 
今回いろんなタイミングが良かったのに加えて前に読んだ本が参考になった。
「欲しい人を見つけてから仕入れろ」客家の名言。
これに続き太陽光発電を今年度中には完成させます。


クアルコム急騰

どうも、MA---SANです。

インテルと同時期に買った銘柄、クアルコムですが、買収問題やアップル訴訟問題で落ち込んでいました。
しかし!この度、アップルとの和解が報じられたことにより急上昇。
一時インテル製を使っていたアップルですがクアルコムに戻るようです。
ありがとうアップル。


技術力のあるクアルコム制製を外したことで5G向けスマホの開発に影響がでることが懸念されていたため2017年から続いていた国内外の訴訟を取り下げて終結へ。
この和解でアップルがクアルコムに特許使用料を払い、6年間のライセンスを結んだ。
ありがとうアップル。

クアルコム紹介↓(以前の記事のコピペ)

クアルコム(QCOM)~通信機器&ネットワーク~

取扱市場はNASDAQ。
アイホンを始めスマホに入ってるスナップドラゴンを作っている企業。
スマホを動かす中央装置で、モデム、グラフィック表示、位置情報の受信などすごい仕事をするチップ。

ライセンスビジネス(特許の使用料)を展開している→かっこよく表現すればロイヤリティ。
なんかの本でライセンス収入は強いと書かれていてクアルコムを買った!
アップルとの訴訟問題や買収問題でお祭り状態。

SBI証券


〇の所で買って急騰したが、株数が少ないので利益も冴えない。
株は、配当・キャピタルゲインを狙うには、株数がものをいう。

現在の利回り:3.02%と高配当。

急騰の原因は、ブロードコムによるクアルコムの買収騒動。

「会社買うよ、〇〇億ドルで」
「安いわ!」
「んじゃ、プレミアムつけるわ」
「安いわ!」
「・・・」
「・・・」

の押し問答。

どうなるか楽しみだね。

追記1
インテルがブロードコムを買収しようとしています。
トランプ大統領がブロードコムによるクアルコム買収を止めました。

にほんブログ村

経済ニュースあれこれ

どうも、MA---SANです。
今週もいろんな経済ニュースがあったので紹介してみようと思う。

●アマゾン会費引き上げ
プライムの年会費を3900円から4900円に、月会費は400円から500円に変更する。
2007年のサービス導入以来初めての値上げだ。


●日清カップヌードル味噌が人気すぎての生産が間に合わず販売中止。
まだくってねーよ。
オークションにはたくさんでている。


●消費税の増税時のポイント還元にJCBやニコスが参加。
日本のキャッシュレスが加速するのは間違いなしい、株でいえばビザやマスターカードは王道なので投資対象としても有望だ。
んでもってこのタイミングでお札のデザイン変更案。
どうしたいんだよ。


●大和ハウス2066棟違法の可能性
住宅と賃貸住宅で建築基準法違反の可能性がある。
耐火性が不十分だったり基礎構造に不適合がある。
耐火性と言えばレオパレスが記憶に新しいけど、見えないところは手抜きや適当にされることが多いんだろうね。
大手がこれだと家を建てる人が躊躇しちゃうよね。


●個人的に衝撃を受けたのがJDI(ジャパンディスプレイ)の筆頭株主が中国と台湾の企業連合になる事だ。
800億円の支援を受けるんだと。
メイドインジャパンのブランドがどんどん海外企業のものになっていく現状。
日本の企業がどんどん無くなっていく。


来週も中国の景気動向や日米協議が株価に影響するでしょうね。
日本株はほんとに不利でいつも振り回される。


ポートフォリオの三菱重工・三菱自動車・イオンは軒並み下落で目も当てられない。
大幅下落のイオン





にほんブログ村

S&Pの勢いが止まらない!

今月もS&P500ETF(VOO)に投資した

どうも、MA---SANです。

お花見で地元のお城は溢れんばかりの人だかり。
夜桜、ライトアップされてキレイだけど、夜寒く花粉黄砂がヒドイからいけないよね。
家大好きなので行かない理由を見つけるクズだ。


毎月の定期購入としてのVOO








毎月1株購入。
S&Pは四半期ベースで約13%も上昇している。
この調子で上がると嬉しい反面毎月の入金額+αしないと買えなくなっちゃうのが難点。





最近思うのがHDV(高配当)の投資を再開しようかと検討している。
これまでの米国株投資の流れは、HDV→高配当株(個別)→VOOとなっている。
個別株についてはHDVやVOOの構成銘柄を狙って投資している。
配当はもらえるとテンション上がるからね。


で、ふと思ったのが金融関係も欲しいかなと。
VOOの構成銘柄にJPモルガンが7番目にあるけど、もう少し比率を上げるとどうだろうと。


そこで高配当を狙いつつ金融株を多めに組み込んでいるETFを見つけた。


HDVと比較されるVYMだ。


VYMの経費率は0.06%で約87ドルと買いやすい価格、構成銘柄が多いので分散にもなる。


10年前に100万円投資していれば400万円を超えている(データはヴァンガードさんより引用)
配当も入るし毎月1株づつ購入を継続すれば面白そうだ。


ほんと米国株って面白いよね。






にほんブログ村

今月の資産状況です。

米国株と日本株の資産状況

どうも、MA---SANです。
年度末が過ぎて新しい元号「令和」が発表されました。
ダウは高値を付ける一方日本株は・・・



米国株資産&日本株資産公開



資産評価まとめ


  • 外貨建評価額・・・20,164.66ドル
  • 円換算評価額・・・ 2,233,834円(
  • 日本株評価額・・・  867,990円(
ダウががんばってるので米国資産は上昇中。
今月も黙ってETFを買おう。。。
 


にほんブログ村

米国株(高配当株:ETF)から配当金

ETFや個別株から配当の入金確認

どうも、MA---SANです。
グーグルアップデートによりブログ検索されなくなり阿鼻叫喚している。
内容薄いから文句言えないけどね。
今月の配当記録です。

ダウの上昇率が13%らしい。
調子がいいとウキウキして体が軽いわ。
  • QCOM   8.93ドル
  • VOO   18.35ドル
  • HDV    8.14ドル
  • JNJ     6.48ドル
  • XOM   14.03ドル
  • INTC    2.84ドル
  • 合計    58.77ドル 110円計算で6464円


今回ビックリしたのがVOOの配当金の18.35ドル。
毎月1株しか買えてないのに配当金は多くなっている。


恐るべし積立効果


今月も手堅くS&P500に投資/貯金も投資もする方法

毎月恒例のS&P500ETF(VOO)に投資した

どうも、MA---SANです。

この季節は花粉症と体のだるさに悩まされる。

鼻はボロボロになり、目が痒くて夜中寝れずに、季節の変わり目で体がだるくなる。
リポビタンDが欠かせないぜ。

米国株 ブログ S&P500
毎月のことなんだけど1株購入。
体はしんどくても投資は頭から離れない、生活の一部だ。
VOOの比率をどんどん上げていくのを当面の目標としている。
現在の比率は18%。50%にしたいな。

ところで投資もしながら貯金もしたいなって考えがいつも頭の端っこにあるんだけど、ちょっと考えてみた。

毎月投資もしたい。貯金もしたい。どうすれば良いか。


VOOは買うのに約3万円分のドル(250$)が必要だ。
毎月3万円前後の予算で投資をしているわけですが、ライフプランによっては3万円を投資に回せないことだってあるのです。

例えば、田舎暮らしなので車が必要で乗ってる車は7年目突入。
当然あと4年もすれば「買い替え」が迫ってくるわけです。
フルローンは避けたいから毎月貯金がしたい、でも投資もしたい。

そこで考えたのがS&P500ETF(VOO)から米国株式市場全体を投資対象とするVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)への投資はどうかと。
VTIなら約1.6万円(143$)で投資ができる。

つまり毎月3万円の余裕があるとすれば・・・

VTI(16000円)を1株+貯金(14000円)の方法がとれる。

そこで気になるのがVOOとVTIの違いだろう。

株価
  • VOO→256ドル
  • VTI→143ドル

投資対象
  • VOO→500社 
  • VTI→アメリカ全体(3500以上)

経費率
  • VOO→0.03% (0.04%から下がってた)
  • VTI→0.04%

分配利回り
  • VOO→1.84%
  • VTI→1.81%

パフォーマンス
米国株 ブログ VOO VTI


比較するとそんなに変わらない。
分散投資って面でみるとVTIが3500社超えなのでいいかも?

まとめ:少しでも貯金に回したいならVTI


どちらもプロが運用してくれてる以上経費はかかるけど、パフォーマンスはGOOD。
個別株でうまくやろうと思っても、情報を毎日調べるにも英語が出来ない、日本に住んでいる時点で「情報の速さ」にはプロに負けてしまう。
配当は断然個別株の方が有利だけどね。

経費かかってもETF一本買っておけばおまかせで運用してくれるので素直にETFが便利だ。

今はVOOを毎月購入してるけど株価が上がりすぎるとVTIに切り替えるかもしれない。
こういったことを考えるのも楽しいよね。

迷いすぎ注意!!


にほんブログ村