SPDR S&P 500 ETF【SPY】 金融リテラシーUP

SPDR S&P 500 ETF【SPY】
ブラックロック・バンガードとか名前がいちいちカッコいいよ。
どうも、MA---SANです。
VOO・IVVと続きSPYを少し紹介してみる。
中身はないからね。

ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーが運用するS&P500に連動することを目的としたETF。
VOOやIVVと同じだね。


30代からの米国株投資 SPY S&P500ETF
SPYの10年チャート ※SBI証券


 
S&P500ETF SPY  30代からの米国株投資
SPYの構成 ※SBI証券

構成銘柄もVOOとIVVとほぼ同じ。
 

 VOOとIVVとSPYを比較してみる

VOO
 
  • 分配利回り 1.73%
  • 経費率   0.04%
  • 純資産総額 89,395.5(百万米ドル)
  • 設定日   2010/9/7

IVV
 
  • 分配利回り 1.7%
  • 経費率   0.05%
  • 純資産総額 154,537.5(百万米ドル)
  • 設定日   2000/5/15
SPY
 
  • 分配利回り  1.89%
  • 経費率      0.09%
  • 純資産総額 275,419.8(百万米ドル)
  • 設定日      1993/1/22
 
SPYの特徴はなんといっても出来高がハンパなく流動性抜群。
 
流動性が高いと売りたいときにすぐ売れちゃうんです。


VOOやIVVに比べるとほんの少し経費率が高いくらい。


設定日がかなり前だから老舗になる。

 

少しでも配当狙いなら


SPY>VOO>IVV


出来高多くて老舗がいい

SPY>IVV>VOO
 
 
IVVが真ん中か?
 

S&P500ETFの良い所


  • 500種に低コストで分散投資が出来てしまうこと。
  • どの銘柄を買うか悩まなくてもOK
  • 投資リテラシーUPするかも?
どれ選んでも間違いはないよね。


にほんブログ村


0 件のコメント:

コメントを投稿