コカコーラ~米国株:保有株~【マクドナルドではコーラを頼んでしまう】

コカコーラ(KO)~清涼飲料~

初めて買った米国株
どうも、MA---SANです。
【KO】配当王でありディフェンシブ銘柄
配当王とは、50年連続増配を達成した企業に送られる。
ちなみに55年連続増配。

バフェット銘柄でお馴染のコカコーラ【KO】。

コカ・コーラの保有数 30代からの米国株投資(月々数万円)
※SBI証券



コカ・コーラ

72株思いっきり買ってやった記憶がある。
取扱市場はNYSEです。
現在の配当利回りは、3.55



※SBI証券
の所で購入しているが戻ってきている。

コカコーラ社の商品を見てみる

  • コーラ
  • スプライト
  • アクエリアス
  • ファンタ
  • ミニッツメイド
  • ジョージア
  • 綾鷹
ほんといろんな商品がある。
オーストラリアに行ったときスプライトが美味しくて飲みまくってた。
ポテトを注文した時、お姉ちゃんに「ソースどうする?」みたいなこと言われて
「ノーセンキュー」って断ったら「ショック!」って言われたのが忘れられない。
お姉ちゃんの顔までフラッシュバックされる。
その後ケチャップ貰いに行ったけど。←最初からもらっとけよ。

コカ・コーラ社の都市伝説

 コーラと言えばこどもの頃に歯が溶けると噂があった。
ホームページに回答があった。

A.コカ・コーラに限らず一般的に清涼飲料には酸味料が含まれています。そして、歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムは、酸に溶ける性質を持っています。よって、清涼飲料、果汁などの酸を含む液体に、抜けた歯や魚の骨を長い間つけておくと、含まれるカルシウムやマグネシウムが溶けます。しかし、飲みものですので人間の骨に直接ふれたり、歯に長い間くっついていることはありません。安心してお飲みください。


そのほかにもコカコーラには都市伝説があるの調べてみると面白いぞ。

コカ・コーラ社の最近

米国では健康志向のため炭酸飲料消費量は低水準をマークしている。
健康志向の消費者が人工甘味料にもNOをつきつけ非常に厳しいのだ。
ダイエットコークで消費者を呼び戻そうとする一方、日本限定で缶酎ハイを発売しコア事業以外の模索をしている。

今後の投資目標

最初に買ってから買増してないのでキリのいい100株は欲しいなぁ。
配当王でディフェンシブ銘柄なので積立投資に向いている。



にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿